30代から目指す美肌のための無添加化粧品



無添加化粧品は肌に優しいので、安心して使えます。化粧品は肌に直接付けるものなので、余計な添加物は無い方が、肌のためにも良いですね。



美意識が高い方からはもちろん、健康に対する関心が高い方からも愛されている「無添加化粧品

 

その名前を聞いただけで何となく、

肌に良さそう

肌が弱い私でも安心して使えそう

と感じる方も少なくないようです。

 

ただ、現在何らかの無添加化粧品を使っているという方であっても、無添加化粧品とはどういったものなのか、という問いにしっかりと答えられるという方は少ないのではないでしょうか!?

 

毎日お肌に直接つけるものだからこそ、無添加化粧品とはどういうものなのか、きちんと理解しておきたいですよね!

 

 

無添加化粧品ってそもそも何!?

ここ数年話題になっている無添加化粧品ですが、そもそもこの「無添加化粧品」とは、一体どういったものなのでしょうか?

 

□ちょっと古い話を・・・

無添加化粧品は2001年3月まで、「アレルギー反応を起こす可能性(疑い)がある102種類の成分を含んでいない化粧品」と、厚生労働省によって定義されていました。

つまり厚生労働省が指定しているアレルギー反応を起こす疑いがある成分を一切配合していないものを、「無添加化粧品」と呼んでいた、というわけですね。

 

ところがこの無添加化粧品に関する成分の取り決め、現在は一切なくなってしまっています。つまり、厚労省がしている化粧品のジャンルから「無添加化粧品」というものが消えてしまったのです。

 

 

じゃぁ、現在販売されている無添加化粧品って・・・、なに!?

そうすると、「それなら、今販売されている無添加化粧品って一体何なのよ!?」という話になってきますよね。

 

もちろん販売業者によっていろいろな考え方はあるようですが、一般的な話をすると、現在販売されている無添加化粧品は、2001年3月以前に厚生労働省が指定していたアレルギー反応を起こす疑いがある成分を含んでいない化粧品、のことを意味するようです。

 

ただし、メーカーによっては、

・パラベン

・香料

・着色料

・鉱物油

という4種類の成分を配合していないことをもって、「無添加化粧品」と呼んでいる場合もあります。

 

 

 

なぜ、無添加化粧品がいいのか!?

無添加化粧品の概要についてはおおまかにご理解いただけたかと思いますが、では、どうして無添加化粧品がいいのでしょうか!?

 

 

化学物質の影響は長い時間が経たなければわからない

多くの化粧品に含まれている化学物質に「パラベン」という成分がありますが、このパラベンには、発がん性があることが指摘されています。発がん性物質を毎日肌に塗り続けているだなんて、想像しただけでもゾッとしてしまいますよね。

 

ただしこのパラベン、一方で「発がん性はないのではないか」ということも指摘されているのです。つまり現段階においてパラベンに発がん性があるのかないのかということは、“わからない”というのが正直なところなわけですね。

 

もちろんこの先何年かすれば正確な結論は出るかもしれませんが、例えばパラベンが含まれているものを10年以上使った後で、「パラベンには発がん性があることが分かったのでもう使わないでください」なんて言われたって、手遅れですよね。

 

つまり化粧品に配合されている化学物質の人体への影響は、かなり時間がたってみなければわからないことがある、ということなのです。そんな危険な“賭け”をするくらいならば、最初から危険な成分が配合されていない、無添加化粧品を使った方がよほど安全ですし、安心ですよね。

 

 

肌への刺激が少ないから敏感肌の方でも安心

無添加化粧品をおすすめする理由としては、敏感肌の方でも安心して使うことができる、という点も挙げられます。

 

肌が弱い方や敏感肌の方の場合、普通の方であれば何でもないような刺激によって肌荒れしてしまったり、肌に炎症が起こってしまったりすることがあります。化粧品もそのひとつで、敏感肌の方が肌への刺激となる化学物質が配合されている化粧品を使うと、それが原因となってお肌が荒れてしまう可能性があるのです。

 

この点、無添加化粧品にはアレルギー反応を起こす疑いがある成分が配合されていないため、敏感肌の方でも安心して使用することができる、というわけです。キレイになるために使う化粧品のせいで肌荒れしてしまっては本末転倒ですので、敏感肌の方には、無添加化粧品を使うことをおすすめします!

 

 

その肌荒れ、もしかしたら化粧品が原因かも!?

特に肌が弱いわけではないのだけれど、いつも肌荒れに悩まされている…、という方って、意外と多いようです。

 

実はその肌荒れ、毎日使っている化粧品が原因となっているかもしれません!

化粧品に含まれている化学物質の中には、お肌にとても大きな負担を与えるものも存在します。そしてそんなものを毎日肌に塗ってそのまま何時間も過ごす・・・。

そんなことを繰り返しているとお肌がどうなってしまうのか、考えるまでもありませんよね!

 

 

いつまでも美しく健康的なお肌をキープしたいのであれば、肌に対する刺激が少ない、無添加化粧品がオススメです!

 

 

このサイトでは、無添加化粧品の魅力や無添加化粧品に関する豆知識、気になる肌トラブルの原因や解決法などについていろいろとご紹介させていただいておりますので、ぜひご覧くださいね!

無添加化粧品は安心して使えます

 

基礎化粧品の使い方

 

肌全体のなじませて気になる部分には重ね塗りをします。

 

クリームでもベタベタしないでさっぱりして、手のひらに一瞬で入っていくし、いい香りのローションですごくのびがいいのが特徴です。
科学的な物が一切なく無添加なのがよくわかります。その証拠に皮膚にスーと入っていくのがすごくわかります。

 

この基礎化粧品の特徴は、肌を活性化させ徐々にきれいな肌にしていきます

シアバター配合なので高い保湿効果が得られ、ニキビやおできに働きかけるラベンダー油そしてビタミンA油も配合しています。
お肌にいい天然成分がたくさん入っています。

 

お肌に敏感な人が最近多くなっています。
この無添加化粧品は5年以上の有機農法で認められたオーガニック原料を使用しています。

 

 

この季節の変わり目はお肌が敏感になりやすいのですごくありがたい美容液です。
使った乾燥としては、もっと硬いのかと思ったら凄く滑らかなのでびっくりしました。
シアバターは保湿にいいしビタミンAはニキビにもよく、とてもいい香りで癒されます。
ずっと使っていたい。

 

弾力性のあるお肌が気持ちが良いのでずーと触っていたい。
香りがいいのでお肌に香りを付ける感じです。
シアバターが効いているのでしっとりのびます。

 

天然成分にこだわったお肌にやさしい低刺激クリームで、ローションとクレンジングがありますので合わせて使用していただくと効果的です。

 

 

防腐剤、着色料を使わないお肌にやさしい無添加化粧品、肌をしっとり整え美肌へのお手伝いをしていきます。
天然の保湿効果に優れた素材を配合しているので、優しくクルクルと円をかくようになじませるだけで、
お肌の環境を正常に整えて透明感のあるキメ肌に仕上げます。

 

無添加化粧品は肌に優しいので、安心して使えます

 

化粧品は肌に直接付けるものなので、余計な添加物は無い方が、肌のためにも良いですね。

 

肌トレブル

化粧品の肌トラブルの問題をたまに耳にします。
そういう話を聞くと、化粧品選びも慎重になってしまいます。

 

 

化粧品は高いものから、安いものまで、いろいろとあります。
基本的には、有名メーカーのものはそれなりの値段です。

 

高い化粧品が良くて、安い化粧品は良くないということでもなさそうです。
そして、化粧品がどれも肌に良い成分が使われているとは限りません。

 

高い評価を集める無添加化粧品

 

無添加化粧品は、多くの利用者から高い評価を集めているとみられており、
注目されているのではないかと推測されています。

 

肌に優しいという点や安全に利用することの可能な点など、
複数のポイントが高評価に繋がってきているのではないかと考えられています。

 

近年は多くの人たちが無添加化粧品を日常的に利用するように
なり始めていることから、このような動向は継続して見られるのではないでしょうか。
複数の会社から無添加化粧品に分類される商品が販売されるようになりつつあり、
様々な方面から注目を集めていると考えられています。

 

 

こうした動きも高い評価が無添加化粧品に集まる要員として挙げられ、
話題となっているのではないでしょうか。こうした一連の評価が集まることで、
新規に無添加化粧品を利用し始める人が増加したり、
継続的に同一のものを利用したりする人が増加することに、
期待が抱かれるようになるものとみられています。

 

 

幅広い年代の人から、無添加化粧品に対する評価が集まっていくことも見込まれています。
そのため、これまで以上に多数の良い内容の評価が寄せられることも考えられており、
このような無添加の化粧品に対しての関心の度合いも飛躍的に向上していくのではないかと

 

 

また、無添加化粧品を利用するかどうかを検討している人たちにとっても、
一連の高い評価は参考とされると予測されています。多方面からこうした動きには、
関心が集まるでしょう。

 

肌の事を考えて無添加化粧品

 

私は元々肌が弱く、体調の変化や気候によって肌の調子も上がり下がりしてきました。
これはもう体質だから仕方が無いかなとも思ってましたが、
最近は化粧品を無添加の物に替えたりして地道に頑張っています。

肌トラブル

 

今まで無添加化粧品を使った事が無かったので、これで少しでも肌トラブルが
抑えられたらいいなと言う思いで手に取って見ました。

 

無添加化粧品も色々ありますが、友人からお勧めされたファンケルを使っています。
ファンケルは私も知ってるメーカーなので安心して使用できるかなと思い購入しました。

 

無添加化粧品を購入するにあたって普通の化粧品とはどう違うのかと言う事を調べてみました。
調べてみると今まで自分が使っていた化粧品が色々入ってたんだな~と少しショックです。
毎日使う物なので色々な添加物が入っていると怖いですね。

 

 

自分で選ぶようになって初めて知りましたが、肌に付ける物は少し敏感になって
調べてみるのも良いかもしれません。

 

特に私のような敏感肌の人はちゃんと成分表示もチェックするべき

 

無添加化粧品は成分が安心して使えるので化粧水でもバシャバシャ使えるのでストレスが無いのが良いです。
全部を無添加化粧品で揃えるまではしてませんが、調子がよさそうならちゃんとラインで使ってみたいです。

 

 

化粧品を選ぶときはついついパッケージの可愛さやうたい文句で選びそうになりますが、
ちゃんと肌の事を考えて選ぶなら無添加化粧品のような製品を優先して選んだほうがよさそうですね。

 

 

私は若いころから、肌トラブルに悩まされてきました

 

そのため、化粧品はついつい神経質になってしまいます。

 

できれば、あまりメイクもしたくは無いのですが、最小限のマナーとして、しなければいけないことがあります。
そのような時も、なるべく添加物の少ない化粧品を使いたいものです。

 

 

初めから無添加化粧品とうたっているものは、安心して使えます。
私も何度か無添加化粧品を使ったことがありますが、肌への刺激が少なく、とても優しい感じがしました。
無添加化粧品を作っていくのは、本当に大変で、技術的にかなり努力されているのだと思います。

 

 

今後、化粧品もさらに技術開発が行われ、より肌に優しい化粧品がたくさん出てくるでしょう。
肌に優しく、メイクもキレイに仕上がる化粧品が開発されていくと嬉しいですね。
そういう化粧品を使っていきたいと思っています。

 

 

これからの無添加化粧品にぜひ期待していきたいものです。

 

肌の事を考えて無添加化粧品

 

私は元々肌が弱く、体調の変化や気候によって肌の調子も上がり下がりしてきました。
これはもう体質だから仕方が無いかなとも思ってましたが、
最近は化粧品を無添加の物に替えたりして地道に頑張っています。

 

 

今まで無添加化粧品を使った事が無かったので、これで少しでも肌トラブルが
抑えられたらいいなと言う思いで手に取って見ました。

 

無添加化粧品も色々ありますが、友人からお勧めされたファンケルを使っています。
ファンケルは私も知ってるメーカーなので安心して使用できるかなと思い購入しました。

 

無添加化粧品を購入するにあたって普通の化粧品とはどう違うのかと言う事を調べてみました。
調べてみると今まで自分が使っていた化粧品が色々入ってたんだな~と少しショックです。
毎日使う物なので色々な添加物が入っていると怖いですね。

 

自分で選ぶようになって初めて知りましたが、肌に付ける物は少し敏感になって
調べてみるのも良いかもしれません。

 

特に私のような敏感肌の人はちゃんと成分表示もチェックするべき

 

無添加化粧品は成分が安心して使えるので化粧水でもバシャバシャ使えるのでストレスが無いのが良いです。
全部を無添加化粧品で揃えるまではしてませんが、調子がよさそうならちゃんとラインで使ってみたいです。

 

 

化粧品を選ぶときはついついパッケージの可愛さやうたい文句で選びそうになりますが、
ちゃんと肌の事を考えて選ぶなら無添加化粧品のような製品を優先して選んだほうがよさそうですね。

 

高い評価を集める無添加化粧品

 

無添加化粧品は、多くの利用者から高い評価を集めているとみられており、
注目されているのではないかと推測されています。

化粧水

 

肌に優しいという点や安全に利用することの可能な点など、
複数のポイントが高評価に繋がってきているのではないかと考えられています。

 

近年は多くの人たちが無添加化粧品を日常的に利用するように
なり始めていることから、このような動向は継続して見られるのではないでしょうか。
複数の会社から無添加化粧品に分類される商品が販売されるようになりつつあり、
様々な方面から注目を集めていると考えられています。

こうした動きも高い評価が無添加化粧品に集まる要員として挙げられ、
話題となっているのではないでしょうか。こうした一連の評価が集まることで、
新規に無添加化粧品を利用し始める人が増加したり、
継続的に同一のものを利用したりする人が増加することに、
期待が抱かれるようになるものとみられています。

 

 

 

幅広い年代の人から、無添加化粧品に対する評価が集まっていくことも見込まれています。
そのため、これまで以上に多数の良い内容の評価が寄せられることも考えられており、
このような無添加の化粧品に対しての関心の度合いも飛躍的に向上していくのではないかと
予測されています

 

 

また、無添加化粧品を利用するかどうかを検討している人たちにとっても、
一連の高い評価は参考とされると予測されています。多方面からこうした動きには、
関心が集まるでしょう。

 

殺菌の重要さ・苦い経験で新しい認識へ

 

わたしは美人ではありませんが、子供の頃から肌だけは「白くてきれい」と周囲に言われてきました。

 

 思春期になっても特に肌が荒れることはなく、また、大の甘い物好きですが、チョコレートなどの高カロリーなものを食べ過ぎてたまにポツッと出るくらい、洗顔して清潔にしていればすぐに引っ込んでしまって、ニキビで苦労するということはありませんでした。
 ところが三十代になる頃、何かの拍子で突然、経験したことのあるニキビの二~三個分の大きさの赤くて大きいものができるようになり、必死で洗顔しても治らなくてどんどん広がってしまうということがありました。それまで肌のトラブルに関しては、アレルギーとか、脱毛とか、まったく悩んだことがなく、けがをしても治りは早いし、痕も残らず、家族にもニキビで悩むような人はいなくて、今更聞ける人がいなくて困りました。

 

しかしテレビで観るような高価な対策商品に手を出す気にはなれず、白さだけが自慢だったわたしの肌に、地が白いだけになおさらブツブツと、何かのばちが当たったように赤いあずきがちらばりはびこる現象に、毎日泣きたい思いでした。

 

 

 ニキビケアクリームや薬用石鹸程度は試しましたが、焼け石に水というか、自分で漫然と洗顔していて原因解決になっていないなあと強く感じ、患部にはびこる不潔な菌を除去すればいいのだろうと思って、ある時救急箱の中にあったオキシドールを脱脂綿にたっぷりと含ませ、絆創膏で患部を押さえたところ、あれほど苦しめられた赤くてみっともない吹き出物があっという間に引っ込み始め、面白いように元の白い素肌に戻ってゆきました。

 

 

 オキシドールだけでなく、普通のメントール化粧水でも同様に効果的でした。ミントの殺菌力にもびっくりし、それまで悩まなかった分、すごく「殺菌」ということの重要さに感動し、また巷で聞くような特別で高価な化粧品に手を出さなくても、生活の中には殺菌作用のあるすぐれたものがあるものだと気付かされたのです。

 

 

 それまで、「抗菌・殺菌」というと、赤ちゃんの哺乳瓶と、怪我した時にばい菌がはいらないように軟膏を塗ることくらいしか考えたことがなかったのですが、健康な故にずいぶんと迂闊なわたしでした。